スタッフ紹介

金澤 昭 講師
1977年東京医科大学卒業後、糖尿病・代謝・内分泌内科に入局。糖尿病・内分泌疾患を専門とし、糖尿病・内分泌疾患の総合的治療を得意とする。

日本内科学会認定医、日本内分泌学会専門医。

 

三輪 隆 准教授

日本内科学会認定医、日本内科学会専門医、

日本内科学会指導医、日本糖尿病学会専門医

 

2009.5.24 軽症2型糖尿病患者に対するグリメピリド少量投与で81%の患者がHbA1c6.5%未満を達成

酒井 裕幸 講師
日本甲状腺学会専門医

1988年東京医科大学卒業。1988年東京医科大学病院に入局。甲状腺・副甲状腺を中心とした内分泌疾患の外来やバセドウ病アイソトープ療法を担当している。

 

指導医だけでなく,5~10年目の医師もチーム医療を通して様々な立場から重要ポイントや知識・手技を教育していきます.当科は糖尿病学会・内分泌学会・甲状腺学会の認定施設であり,症例には事欠きません.

 

 

高橋 友乃 臨床研究医

日本内科学会認定医、日本内科学会専門医、日本糖尿病学会専門医

 

2型糖尿病だけではなく,1型糖尿病もたくさん経験できます.1型は大学病院ならではです.また,クッシング症候群やアルドステロン症なども多く,いろいろなことが勉強できます.学年の層が厚いので,気軽に相談しながら連携でより良い治療ができると自負できます.さらに病院内のどの科とも連携をとっています.糖尿病専門医のみならず,内科専門医,内分泌専門医の取得者も多いです.幅広い内科医になれます.是非一緒にお仕事を!一同お待ちしております.

伊藤 禄郎 講師

日本内科学会認定医、日本内科学会指導医、日本糖尿病学会専門医

 

糖尿病、代謝および内分泌疾患は、患者さんの全身を診察できなければいけません。診療能力を最大限に発揮し、検査データの裏まで読み取り、必要な治療を患者さんと選択していきます。それゆえ、常に診療態度、知識、技術の向上に努める必要があります。

血糖コントロールの障害となっている原因を一緒に考えていきましょう。

小林 高明 助教

日本内科学会認定医、日本内科学会専門医、

日本内科学会指導医、日本糖尿病学会専門医

 

当科では,糖尿病をはじめとした代謝疾患・内分泌疾患を幅広く診療しています。該当専門医の育成はもちろんのこと,その一方で当科の専門のみに知識がかたよらないように,関連病院の出張を経験していただき,内科全般の幅広い知識,経験を身につけることも可能です。

志熊 淳平 助教

日本内科学会認定医、日本糖尿病学会専門医

 

糖尿病患者数は世界的に増えてきており,今では世界の問題としてとらえられています.1人でも多くの患者さんを救うためにあなたの力が必要です.

僕たち糖尿病代謝内分泌中は小田原雅人教授を中心に診療・研究活動をすすめています.

参加をお待ちしています.

永井 義幸 助教

日本内科学会認定医

 

糖尿病・代謝・内分泌の分野は,長期的に人生に影響をおよぼす疾患が多く,QOLの向上を図ることができるやりがいのある分野です.患者様の内面をみつめながら全身管理もできる医師を目指すことが大切であると考えています.

その他、他大学出身の先生方もご活躍されています。

日本大学、東邦大学、埼玉医科大学、自治医科大学、順天堂大学etc..

 

【入局者数】

H25年度 計5名 (男性2名,女性3名)

H24年度 計1名 (男性1名,女性0名)

H23年度 計4名 (男性2名、女性2名)

H22年度 計3名 (男性0名、女性3名)

H21年度 計4名 (男性3名、女性1名)

H20年度 計4名 (男性1名、女性3名)

H19年度 計3名 (男性2名、女性1名)

H18年度 計5名 (男性1名、女性4名)

H17年度 計5名 (男性4名、女性1名)

H16年度 計3名 (男性3名、女性0名)