後期研修医の声

【プロフィール】

氏名:柳澤 里佳

出身県:高知県

出身大学:東京医科大学

初期研修病院:東京医科大学病院

入局年度:H23年

 

 

 

東京医科大学を選んだ理由

卒業大学であり初期研修も経験したため、迷わず決めました。小田原教授をはじめ、スタッフは皆明るく、とにかく雰囲気の良い医局です。一般内科外来や糖尿病の専門外来をはじめ、出張病院では幅広く内科の入院患者を経験でき、とても充実しています。大学では多数の糖尿病患者の治療に関わることができ、専門医の取得率が高いことも理由のひとつです。

糖尿病代謝内分泌内科を選んだ理由

もともと内科に進もうと思っていましたが、時間をかけて手技や検査を身に付けていく分野よりも、すぐに治療に参加していける科を選びました。様々な病気と密接な関係があり、今後も患者数の急増が予想され、治療方法も次々と発展していきさらに専門性が高まる科だと思います。

【プロフィール】

氏名:櫻井 衛

出身県:栃木県

出身大学:東京医科大学

初期研修病院:東京医科大学病院

入局年度:H23年

 

 

 

 

東京医科大学を選んだ理由

出身大学で知っている先生が多いこともありましたが、関連病院の幅広さや、入局後の出張や研究期間等のカリキュラムが充実していることが安心して選べる要因だったと思います。大学病院として様々な症例を経験出来ることも魅力でした。

糖尿病代謝内分泌内科を選んだ理由

内科の中でいくつか迷いましたが、当科では糖尿病患者を基本とした一般内科としての出張や本院でのチーム医療や先進医療を経験でき、また、希望すれば大学院生として研究にも取り組めるという充実した環境があったからです。教授はとても接しやすく、また年齢の近い若手も多いので雰囲気の良い医局だと思います。