研究活動について

東京医科大学病院 糖尿病・。代謝・内分泌内科は、様々な臨床研究や基礎研究を行なっております。

各学会にも積極的に参加をしております。 

 

最近の業績は、こちら(英語)もしくは、こちら(日本語)をご覧ください。

 

大学院についてはこちらをご覧ください。

 

 

妊娠糖尿病、母児への取り組み

当診療科は、国立成育医療研究センターと共同し、妊娠糖尿病、母児への取り組みとして、妊娠糖尿病・糖尿病合併妊娠の妊娠転帰および母児の長期予後に関する登録データベース構築による多施設前向き研究 DREAMBee Study(Diabetes and Pregnancy Outcome for Mother and Baby Study)に参加しております。

日本における糖代謝異常合併妊娠の実態を明らかにし、さらに母児の予後へ及ぼす影響について検討し、糖代謝異常合併妊娠の妊娠転帰の改善のみならず女性および次世代の糖尿病発症予防に寄与することを目的としています。ご協力よろしくお願いいたします。