糖尿病療養指導士の紹介

【看護師】  

安部 由利子

 

 

 

 

 

 
 私たちは医師のサポート役として、患者さんに血糖コントロールの大切さを理解していただき、それを実践につなげていくほか、患者さんの生活習慣を整えるための食事や運動について、それぞれの性質に合わせた指導を行っています。

 また、壊疽(えそ)による手足や指の切断を避けるため、脚の水虫やマメ、タコ、不衛生などを管理するフットケアにも力を入れています。

 当然のことですが、糖尿病の看護には血糖値の状態から治療や合併症、生活習慣に至るまで相対的に考えていく幅広い知識が必要ですので、勉強会などを通じて同僚と学んでいます。

いま私は、新人指導と看護学生指導を受け持っています。若い看護師が日々成長する姿には驚かされますが、同時にうれしい気持ちになり、やりがいを感じます。

【病棟薬剤師】

  坂倉 圭一

 

 

特技はモノマネとインスリン自己注射指導です。氷川きよしに並んで病棟ではおばちゃまのアイドルです。みんなで楽しく糖尿病のお勉強をしていきましょう!

【看護師】

本吉 由季

 

 

【管理栄養士】

【当院在籍 糖尿病療養指導士(CDE)】

看護師:10人

管理栄養士:3人

薬剤師:2人

臨床検査技師:2人